HOME

大型家具を置くときの注意点

一人暮らしの部屋に置く大型家具といえば、ベッド、ソファ、タンス、TVボード等でしょうか。

狭い部屋に置く場合は、どうしても部屋が家具で圧迫されてしまいますので、お部屋のレイアウトというのは、とても大事なんですよ。

家具を1から買い直す場合は、なるべく背の低い家具を買うのがお部屋の空間を広く見せるポイントです。

又、家具の色はできるだけ合わせた方がお部屋がスッキリ見えるはずですよ。

あと、ついうっかりしがちなのが「コンセントの位置」ですよね。

大きな家具を置いてしまい、コンセントがふさがってしまった、なんてことのないように、コンセントの位置は事前にチェックしておきましょう^^

又冷蔵庫やTVを置きたい位置に、コンセントがちゃんとあるのか、というのも確認ポイントですね。

又、フローリングに直に大型家具を置く場合は、床板に傷が付かないように、クッション製のシートなどを貼って置くことをお勧めします。

私のお勧めは、ホームセンターなどで売られている、家具の滑りシートですね。

フエルト地のシートにに両面テープが貼られているというシンプルなものです。

これを、好みの大きさに切って貼る訳ですが、椅子の裏に貼れば、床の傷つき防止になりますし、大型家具の裏にはれば、床の上を滑らせて大きな家具を移動させることができるんです。

一人で、お部屋の模様替えをしたい時など、自分一人でも大型家具が動かせますので「貼っておいて良かった~」と重宝していますよ!

MENU

Copyright (C) 神奈川県川崎市でおすすめの引越し業者Navi All Rights Reserved.